アスペルガーは遺伝するといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、アスペルガーは遺伝します。 ただ、必ず遺伝する訳では無いので、勘違いしてはいけません。 両親がアスペルガーだった場合、その子供がアスペルガーになる可能性が高いというだけです。 アスペルガーの場合は、遺伝よりも教育方針や育った環境によって引き起こされる可能性が高いといわれています。 幼い頃に過度のストレスを受けると発症率が上がるといわれており、夫婦仲が悪い両親の子供は比較的なりやすいです。 また、父親、もしくは、母親がいない子供、放任主義で育った子供、過度に甘やかされて育った子供もアスペルガーになりやすく、虐待を受けた子供も発症率が高くなるといわれています。 このようなことがきっかけでアスペルガーを引き起こす可能性が高いため、子供の育て方が重要になってくるでしょう。 ただし、仮に子供がアスペルガーになったとしても、早い時期に改善することができれば、社会生活において特に問題を感じずに生活することができるはずです。